スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタルヘルスマネジメント検定3種合格

4月26日に発送されたと思われる「メンタルヘルスマネジメント検定」の
合否通知が今日自宅ポストに到着。
大阪商工会議所の封筒には「合否通知」以外に
カードみたいな「合格証」が入っているはずですが、封筒の上から触っても
何かカードはいてっいて無い感じ(笑)
開けてみて判りましたが「合格証」って昔のテレホンカードみたいな素材なのね。
##反対に最近はテレホンカード自体をあまり見ないか・・・・
無事合格していました。

と、めでたい一日だったのですが、恐らく風邪を罹患
若干発熱して体がだるいです。
今日はおとなしくしてもう寝ます。
スポンサーサイト

統計でウソをつく法

試験・検定には直接関係ないのですが、
各種検定の中には統計データから何が判断できるかといった設問が出てきます。
ビジネス能力検定
ビジネスキャリア検定
基本情報技術者試験
などなどには実際出題されています。
試験の時は設問の額面どおり素直に答えればよいのですが
実社会のなかでは、そもそも公開される統計データ事自体が
恣意的に表現されていることが酷く多いです。
##もちろん恣意的でなく単純に不適切だったりも含みますが
そんな統計データの間違いなどを気づかせくれた書籍が次の図書です。
統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門
初版が1968年と古く記載されている表記や内容などもかなり古臭さが否めないのですが

日々の生活の中に出ている統計データについて、
・誰がそういっているのか?(統計の出所に注意)
・どういう方法で分かったのか?(調査方法に注意)
・足りないデータはないか?(隠されている資料に注意)
・いっていることが違ってやしないか?(問題のすりかえに注意)
・意味があるかしら?(どこかおかしくないか?)
といった視点を持たせてくれるきっかけになりました。

まあ私は会社の自己成績申告資料で成績がこんなに良くなりましたよ!!
といった邪道な資料を作成する時に使用しますが(笑)
こんな資料を作るので反対に他の人の数値データで
わざと隠している数値などに気が付くようになりましたが(爆)

最近であれば東京都の都営交通24時間化について是非を問う調査を某テレビ局で実施。
20件ぐらいの街頭アンケートを実施していました(とっても母体が少なすぎなので意味が無いような・・)
少なくともアンケートのほぼ全数が「賛成」と答えていました。
反対にyahooニュースのクイックリサーチでは半数以上が「不要」と答えています。
TVのニュースだけを見た視聴者は少なくとも都営交通の24時間化は大多数の人が賛成していると
認識してしまうのでないかと思います。
TVは交通機関の傍で実際に都営交通機関を使用している人に聞いるのですが、
一方はネットで収集しているので都民以外でしかも夜間に都営交通機関を
使わない人もいると思われ・・・・
この場合どちらのデータが正しいかの判断は難しいと思いますが、
少なくても調べ方や調べる人によってまったく違う結果が出るといった
ことだけは知っておく必要があると思います。

TACの知財3級通信講座教材ゲット

3月10日に受験した知的財産技能検定3級の結果も出ていないのに
TACの知財3級通信講座を申込みしていました。
本日「ゆうぱっく」で教材一式到着
TACの通信講座は初めてですがCompTIAの試験などのテキストなど
TACのテキスト数冊持っていますが、結構構成などは好きかも。
配布物は
知的財産管理技能検定3級の「基本テキスト」TACオリジナルP245
2013年版3級実技スピード問題集(市販品1400円)
2013年版3級学科スピード問題集(市販品1400円)
試験形式の同様の終了レポート(実技・学科)
DVD講座のDVD5枚
あと講義の板書内容をまとめた「講義録」まで付いている。

講義録がついているのは凄いなーと思ったのですが、
反対にDVDの講義では板書が読めないのか?と邪推もしてみたり
##まあどちらにしても講義DVDはみだ見ていませんが・・・

一般販売されているTAC出版の実技・学科のスピード問題集ですが
ぢつは2011年版を持っているのですが、ほぼ中身は変わっていない(笑)
一応少しは替わっていますが多分95%以上は2011年版と同じでした。
巻末に過去問題そのままと解説つけるだけでも、付加価値がつくと思うのですが、
さすがに著作権の試験では過去問題をそのまま掲載するのは許可がでないのか?

教材・講座を見てみてよかったら2級もTACの通信講座を申請してみようと思ったが
会社の2013年版のラインナップからは知財関連のコースはなくなっている(あれ)
まあ、しょうが無いので5月7日の合格発表の合否で速攻7月の試験を申請する予定。

エヴァンジェリスト

以前大塚商会の「実践ソリューションフェア」に参加したいなー
と書いたのですが、仕事の都合がつかずセミナー参加は出来ず・・・残念
今度はアスティ45で「Business IT Forum in 札幌」を5月16日に開催。
木曜日なのできっと仕事の都合はつきそうにないなー
講演でsoftbankの主席エヴァンジェリストの方のセミナーがあるんですよね。
あー参加したい。
エヴァンジェリストの肩書きを使用している人ってぢつは見たことないです。
いや自称「エヴァンジェリスト」はあるのですが(笑)
会社からその肩書きを認められるとゆーこと自体がすごいなーと。
##会社規定の中にその肩書きが存在しているとゆーことですから
講演者の中山 五輪男氏も確かsoftbankで唯一のエヴァンジェリストだっと思うのですが、
首席がつくゆーことは複数この肩書きをお持ちの方がいらっしゃるのか?

肩書きといえば前回の基本情報技術者試験にもCIOが出ていましたね(笑)
CEOやらCOOぐらい抑えておけばよいのでしょうが、
CAOやCSOとかだとアカウンティング?セキュリティ?みたいに
あたりがつくものはいいのですが、想像がつかないものはお手上げ(爆)

ビジ法2級の教材とどきました。

大原学園さんの通信講座「ビジネス実務法務検定2級」コースの教材が到着。
講義模様を映像(DVD)で配信する方式で、「公式テキスト」をベースに講義が進められる方式。
当該年度の公式テキストをしようするため、通信講座自体は昨年申し込みでいますが
スタート自体は5月から(笑)
一応通信講座自体は終了レポートも提出して終わっているのですが(爆)

2級自体の講座の初回とのことで2013年度版の公式テキストと公式問題集が
同封されていました。一応2010年版のテキストは持っているんですけど・・・
さすがにテキストを比較すると若干加筆などされていいますね(笑)

とりあえず今日講座DVDを小一時間、移動中の車の中で再生していましたが
わりといい感じで聞き流せたかも、さすがに画面を注視するわけにはいかないのですが
キーワードは頭に残るので、帰宅後テキスト読み流す時には、すんなり入ります。

とりあえずゴールデンウィーク前半に4枚のDVDを一回視聴する予定。

公式テキストゲットしたのはいいのだが改定版が出るだと!!

今日メンタルヘルスマネジメント検定2種の公式テキスト2版を入手。
試験自体は、ずーっと先の11月4日なのですが事前準備とゆーことで。
で公式ホームページを見に行ったら4月15日の案内で
公式テキストの改定版が6月に発行されるとのこと(笑)
http://www.mental-health.ne.jp/20130415txt.pdf
ちょっと失敗したかな?
メンタルヘルスマネジメント検定って地味に統計データなどから
xxxxについて一番多い原因はxxxxである。といった出題をするので
公式テキストがないとわからない設問が少しあるんですよね。

あと3月に受けた3種の結果ついてが明日郵送されるらしい。
到着は来週ですね、公式HPにもあまり情報がないのですが合格証って
ただの紙にいろいろ書いたモノが届けられるのでしょうか?
少し楽しみにしています。

試験実施方法が変更になったわけですが

今年度からビジネス能力検定がビジネス能力検定ジョブパスに変更になりました。
で、新しい試験方式で4月1日から2級3級の試験申込みを受け付け中なんですが、
1級試験の実施内容がまだ公開されていない。
一応4月下旬に公開されることにはなっているのですが・・・・
少ない情報で公開されているのは1級からCBT形式の試験になるとのこと、
どっかのテストセンタと契約するのかなー
まさか自宅のPCで試験する方式ではないよな(笑)
それはそれで受験してみたいのですが。
2級を合格してから1年以内であれば受験料も通常8000円のところ5000円にディスカウント。
一番不思議に思っているのは、CBT試験にかかわらず電卓の使用を認めていること(笑)
まあ確かにパソコンの電卓機能は使いにくいかも知れませんが、
CBTにするなら電卓使用問題は無くせばいいのに・・・・
もう一点気になるのは同じくCBT試験なのに「記述入力」があること(爆)
文字入力方法などかなり課題がありそう、ちなみに私は「かな入力」でないといやです。
最後のとどめは合格発表が別途後日なんですよね。
P検みたくPCで作成した各種作成物の採点などがある場合は別途でも理解できますが
PCスキルを問わなくてもよい能力検定で
わざわざCBT方式にて実施してもメリットが全然ないような気がします。
まあ実施概要の詳細が公開されていないのでしょうがないといえばそれまでですが。

新しい試験方式での1級試験の公式テキストもまだ販売されていないので
受験検討もしていませんが、少し試験内容について気になっています。

基本情報技術者たぶんダメかな

4月21日に受験してきました基本情報技術者試験。
自己採点してみました・・・・・
あーあ多分ダメです(笑)
また午後問題で2問ぐらい正答が足りないと思われ。

時間配分が悪いのか?全然午後は時間が足りない
まあ、午後は問題なれするしかないのか。

午前問題はあんなもんでしょう。
苦手な分野は一切手つけていないので出題されると、
速攻あきらめて鉛筆転がしで解答設定(うそ)
春期午前でまったく手の出なかった設問(分野)。

逆ポーランド
アドレス指定方式
UML
SQL構文
データベースの排他ロック
ファンクションポイント値
SOA
排機能要件
コアコンピタンス
フィージビリティスタディ

書き出したら結構ある。
初見の言葉は、もうどうしようもないので切り捨て(笑)
もちろん上記以外にも言葉を勘違いして覚えていたり
設問を読み間違えたりしていて正答率は70%ぐらい

今後の対策として午後の過去問題をちょっとづつ解答して
解読力(解読スピード)をつけていくしかないかと思います。

講義模様の動画みっけ

5月12日に受験予定の第9回情報セキュリティ管理士認定試験の受験票が到着。
個人情報保護法検定の試験日と勘違いして試験日間違っていました。テキストを読まなきゃ
とりあえず写真を貼り付けて受験票の用意は完了。

アクセスログを見ると地味に全情協の情報セキュリティ関連の検索で
こられる方が割りと多いんですが、あまり情報が無くてすみません(笑)
とりあえず有益と思われる情報を・・・

全情協さんの対策講座の動画らしい
http://www.youtube.com/user/jhk0030?feature=
動画検索に引っかかりました。
あまり長い動画じゃないのですが、ここの動画で説明しているのは
基礎的なことなので全情協の試験には全部に共通していると思われます。

旬なCMの問題出ました(笑)

セキュリティに関して物議をかもし出していた
ASAHI飲料のTVCM
4月19日で打ち切りとのことで2週間といった短いスパンで終了。
ASAHI飲料の公式webにリリースは残っていますが、CM公開自体はなくなっています。

今日基本情報技術者試験に行ってきましたが、
午後問題の問4がまさに「入退室管理システム」の設問でした。
シチュエーションは「執務室」とその中にある「開発室」の入退室管理。
さすがに「共連れ」を問う設問はありませんでしたが、
「共連れ」の対策を問う設問も設定されていました。
選択肢で私はICカード「一時利用停止」に状態遷移するを選択しましたがあっているよね?
まだ速報解答はチェックしていません。

試験会場は北海道大学だったのですが、
さすがに受験者数も多かったですね。教室も100人分の席で結構狭かったです。
最近スチーム暖房の部屋を経験していなかったのですが、
久しぶりに「ウォーターハンマー」音を聞きました。
##スチーム暖房って北海道以外にも普通にあるのか??西日本辺りだと知らない人もいる??
結構「かんかん」音が3分間くらい響いて少し気になったのですが、
やはりスチーム設置側(窓側)の席の方から気になるとクレームが出ていた(笑)
いやームリでしょう。北海道の人は我慢してください(うそ)
暖房を止めれば止まるのですが、校舎全部の暖房が止まるからムリだろうなー

試験の情況はまた別途。

体調管理と有給休暇

金曜日から有給休暇を取得して仕事休んでいます。
まあ計画有給休暇なのですが微熱続きで体調も最悪。
もともと金曜日に病院に掛かる予定だったのですが
病院で風邪もらっちゃったかなー
札幌の小学校では時期はずれのインフルエンザが流行しているようで
学級閉鎖の学校もあるみたいだし。
明日高熱になったらインフルエンザかな?基本情報技術の試験どーしよー
とりあえず参考書も開かず一日中ずっと寝ていました。

基本的に所属している会社では有給休暇は
業務の運営を妨げるから取得時期ずらしてねーと「時季変更権」も会社側にはありますが
そもそも、そんな権限発行しなきゃ業務が回らない管理職が無能レッテルを貼られるので
少なくとも実際権限が発動されたのは見たことないですね(笑)
おかげさまで多分日本企業の中では有給休暇取得率は高いと思います。
##外国企業と比較して日本企業の取得率って無茶苦茶低かったはず。

勤務管理もpcのログイン情報がそのまま勤怠管理システムとリンクしているので
もう分単位で管理されています。
残業でもないのに勤務時間に乖離があると理由を明記しなけきゃならない・・・
昔は社畜モードで深夜帰宅や職場お泊り会など当たり前だったのですが、
良くも悪くも現勤怠管理で結構、勤務時間は明瞭になりましたね。
##おまけに補助管理として事務室の入退出のIDカードログも不定期に見ているので
##そもそも、会社に残る人が少ないのですが(笑)
おかげで死ぬほど仕事しても、定時に帰社しても大して生産性はそんなに変わらないので
最近は、程よい手抜き(失礼、効率的な成果物作成)の方法で、
プライオリティの低い作業をすべて切り捨てて実施しています。

そんな恵まれた仕事環境でも風邪は引きます・・・・あーあ

ビジ法申込みしました

今週からビジネス実務法務検定の申込みが開始。
とりあえずwebで2級の申込み完了。あとは振込み用紙が商工会から届くのを待ちます。
そーいえばビジネス実務法務検定の大原学園の通信講座活用中でした(笑)
初回資料で届いた5回分のレポートは提出して講座終了証明書は
昨年11月にもらっているのですが教材は復習の3級分の講座DVD第1~4講分のみ。
たしか今月22日に第5~8講のDVDが到着予定。
おそらくその時に、本年版の公式テキストと問題集も配送されると思われ。

今週のキーワード危険物

北海道の危険物取扱者試験6月2日開催分の電子受付が今週開始。
とりあえず乙種3類をweb申請。
前回の乙種4類をweb申請する時は取得済みの丙種を無いものとして
申請したのですが、取得がばれて(笑)丙種の免許も戻してくださいと
督促を受けてしまいました。
今回は免許番号も入れて(入れないと科目免除にならないし・・・)
受験料の3400円はクレジット決済で完了

まとめて複数の類を受ける方が多いと思いますが
わたしは勉強が面倒なのでパス、とゆーより覚えられません(笑)
参考書は試験日を間違って大分前に購入していたので購入済みのものを活用予定。

一応試験の開催時期にあわせて北海道の大きなイベントを確認。
昨年は8月の北海道マラソンとかぶっていたため結構移動が大変でした。
次の週にyosakoiソーラン祭りが開催。このイベント開催中のだったら市内移動は結構大変だったも。
ちなみに第5・6回開催時チーム運営で参加したことがありますが、
練習場の準備や曲準備、振り付け、衣装などなど結構準備が大変でした。

危険物といえばボストンマラソンの爆発物事件。
朝のニュースで爆発の瞬間映像が流れていて、なんで撮影されているの?
と思ったのですが、本当に偶然撮影されていたようですね。
で今日のニュースで事件に使用された爆発物の製造方法について
誰でも容易に作成できることを強調したかったのか、
3分間クッキングよろしく実物完成サンプルまで出したそうで、
なんと「はんかくさい」番組だと思ってしまった。
##「はんかくさい」の意味はリンク先で調べてみてください(笑)

いずれにしても各種イベントなどではテロへの対策で今後かならず影響がでるので迷惑な話です。
ちなみにyosakoiソーラン祭りも爆発物事件がありましたし・・・・

WindowsXPのサポート終了

今月上旬Microsoft社のロングセラーOS
WindowsXPのサポート終了に関する案内されました。

OSのサポートが終了して
今後別なOSに移行しなければならない状況が発生すると思いますが、
たぶんこの状況に呼応した、いろいろなビジネスが発生するのでしょうね。
企業でもXP搭載PCの廃棄に伴うデータ削除のサービスや、
新OSへの移行ソリューションの提案などなど・・・
特にXPからの移行ソリューションではMCPの
70-270WindowsXPの知識は有効と思うのですが
同試験は7月末に終了してしまいます。
Microsoftさん試験延長しませんか?

WindowsXPのOSの販売はなくなったのですが、
システムに組み込み販売するWindowsXPは継続されてます。
サポートの扱いは同じなんですよね・・・
サポート言えば中国のセキュリティベンダー会社の奇虎360が
独自にセキュリティパッチを配布すると宣言しているようですが
なんか自社のソフトを導入するように誘導するパッチを組み込みそう(笑)

セキュリティゲート、例の旬な缶コーヒーCMです

某掲示板で話題になっている
ワンダモーニングショットのCMです。
セキュリティゲートを他人のIDカードで開けるのは
いかがなものでしょうといった趣旨で物議をかもしています。
これだけ話題にあがれば広告代理店も、ある意味効果的?

会社のセキュリティ運用ルールによっては是非を問われると思いますが
実際はどうなんでしょうね、なんとなく総合玄関のセキュリティゲートは
一般的にはCMぐらいの運用レベルかなとも思うのですが・・・・
もっとも事務室のドアにもセキュリティゲートがあるケースも多いので、
結局は入室できないといった事態になるのかな(笑)
CMでは守衛さんも立っているので、本来はゲスト用IDカードを発行しろや!!といったところでしょうか

某企業の入退出セキュリティはこんな基準でした。
(1)玄関のセキュリティゲート
守衛さんのサポートレベル。不審な人が勝手にビルに入れないようにセキュリティゲートを設置。
IDカードでゲートは通すが入退出の整合性は取っていない
(2)事務室の入室ゲート
IDカードとパスワード併設。入室記録がないと退出も出来なくなる。
もちろん退出記録がないと入室も不可
(3)事務室内のさらに高いセキュリティルーム入り口
IDカードと生体認証を併設。もちろん入退出の整合性を見ている。

上記の場合(2)のセキュリティで入室記録がないと退出できなくなるんですよ、
間違って「共連れ」で入室してしまうと、社員であっても退出できなくなっています。

CMの方もテロップで「CM上の演出です。」を謳っているので、
運用的には、あまり適切でないことは認識しつつ共感の持てる
シチュエーションを出したかったのかと(笑)

私は「共連れ」と表記していますが、「ピギーバック」の方が通りは良いのか?
個人的には「共連れ」の方がしっくりきます。
ちなみに「情報セキュリティ初級認定試験」に、この言葉は出てきます。

淡路島地震

最近割りと大きい地震が続いていますね。
北海道でも2月2日午後11時17分に十勝沖で大規模な地震が発生しています。
今回淡路島地震に関連して西日本では初めてのエリアメール(docomoの緊急速報)などが発信されたようですね。
北海道でも震度5以上の地震時、携帯端末から「エリアメール」で
かなり大きめのアラーム音が鳴動するわけですが
2月2日の地震発生時も深夜時でしたが地震波到着前に
「エリアメール」のおかげで家族を起こすことができました。
就寝状態のまま地震の揺れで起きるよりは、まったく対応が変わってくると思います。
でも北海道で私がエリアメールを始めて聞いたのは誤報(?)みたいなものでしたが(笑)
docomo社携帯端末をお持ちの方はホームページにサンプル音声が登録されているので
一度聞いておくとよいかも知れません。

阪神・淡路大震災を教訓として「防災士」なる民間資格も登場していますが、その位置づけが中途半端かも。
私の所属する会社もCSRの観点から「防災士」の資格取得は推奨していて取得している人は割りといます。
ちょうど5月18日から2日間で開催される札幌5月コースの受付期間中(笑)
受講料など4月16日までに入金しないとダメみたい。
ちなみに2日間の受講料、検定料と登録料で61000円です。
##すみませんカード決済できないと今は支払いできません。

自治体によってはこの資格を取得するのに補助を出している自治体もあるようで、
北海道の場合「上富良野町」が補助をしている模様。
自治体のホームページで町政懇談会の議事に同資格の補助のことが書かれていますが、
掛からないはずの「更新料」についての質問や受験時の宿泊費など、
副町長と住民のやり取りが書かれています。

あと得体のしれない(失礼)関連検定で「防災力検定」なるものも発見。
あまり情報が載っていないのですが、最近は検定自体未実施なのか?
NPO法人らしいのですが理事長が「千葉科学大学学長」なのですが同大学の学長と名前が違う(笑)
まあメンテナンスしていないだけなんでしょうが・・・・
千葉科学大学に「危機管理学部」なる学部もあるので、恐らくそれなりに関係はあると思います。

蛇足ですが、防災関連で北海道(登別市)で大規模な停電が昨年11月下旬にありました。
凍死者こそ出ませんでしたが、いま時は停電だとストーブも使えないんですよね
この時の停電原因は低気圧による暴風雪でしたが、
脱原発による停電の可能性もあったわけで、いろいろ考えさせられました。
まじめにこんな商品を買おうとしましたが、品切れ。
あと今住んでいる建物は停電になると水が出なくなります。ミネラルウォーターをamazonで箱買いしました(笑)

大塚商会のソリューションフェア2013札幌

4月17日(水)にロイトン札幌で大塚商会の実践ソリューションフェアが開催予定。
仕事中だけど、こそっと抜けて見てこようか?と画策中。
ここ数年この手のイベント全然参加していません。
一応Microsoftの方の講演も設定されているみたい。
まあ普通に事前登録が必要だけど水曜日の(仕事の)スケジュール確認していないから
予定は未定で。

資格・試験と関係無さそうですけど結構IT系の資格だと参考になる情報あったりしますので
行ってみる価値はあると思われます。
まあ有益と思われる資料をいただくのに名刺もばら撒いてくるので
余計なご案内が来たりしてすることもあったり結構面倒だったりしますが(笑)
以前は、このような場所用ってわけではないのですが、
メアドの入っていない名刺も併用していました。
最近は使い分けする機会も少なくなってしまいました。

大塚商会も10年ぐらいまでは、一般マスユーザ向けにPC関係のショップを出していたり
プロメトリック試験センタの運営などされていたのですが最近は企業向けの
サービスしか見なくなっちゃいましたね。
あっでも通販のぱーそなるたのめーるはのこっているか

工事担任者DD1種通信講座修了証到着

1月下旬に教材が届いていた工事担任者試験の通信講座の修了証がクロネコメール便で到着。
一応レポートは月一回ペースで4回提出することになっているのですが
送料をケチるために(うそ)3月末に4回分まとめて提出。
レポート自体は先週採点されて戻ってきていたのですが、
今回修了証が届きました。
レポートには「指導・講評」としてコメントが書かれているのですが
恐らく採点によってパターン化されている模様(笑)
満点パターン
90点代パターン
80点代パターン
があると思われ90点代が2つあったのですが、まったく同じコメント(笑)
ムリにコメントいりませんから。
しかも4回分のレポートまとめて全部出しているのに「次回もこの調子で頑張ってください」って
的外れではないかと・・・・

とりあえず教材的には「基礎」の教科はわりとよかったのですが、
どうしても過去問題の理解できていない問題をカバーできるほど
理解を深める教材になってはいませんでした・・・・
とりあえずリックテレコムの標準テキストから若干深堀した解説が書かれている感じ。
反対に「法規」関連は冗長すぎで、効率が悪いような気がしました。

一番効率が良いのは公開されている過去問題をひたすら解答するのが一番良いみたいです。
ただどうしても解答が導きだいない設問があるのがつらいところです(笑)

学習ツールとしてのAndroid端末(その1)

先般購入したdocomo社製タブレット端末「dtab」ですが
数日間ずーっと動画再生のメディアプレイヤー状態でした。
メディアサーバーの動画も再生できるようなので
起動させようと思ったのですが、なんか端末(サーバ)の電源が入らない(笑)
別な機会にいぢりたおして見ます。

docomo的には映像、音楽、電子書籍、ショッピングなどなど
コンテンツ側からユーザの囲い込みを実施したいのでしょうね。
仕掛け的にはまずまずといったところでしょうか。
規制のかけていない割りと程度の良いスペックの端末を低価格で端末投入。
あとはコンテンツで内容次第ですね。

学習ツールとしてdocomoでも学習コンテンツは
提供していますがまだ使用したことはないので別の機会に試してみることとして、
以前「.com Master★★」を受験した時Manavinoの学習コンテンツを試してみました。

たしか月額500円程度でSHOEISYAのEXAM PRESSシリーズの.comMASATER教科書
書籍データが読めるといったものでした。
確か本自体は購入すると3990円なので試験まで一ヶ月を切っていたので
お試しには良いかなと思い試してみたのですが、テキストが読みにくいんですよね(笑)
まあスマホ(GALAXY S2 LTE)なので画面は小さいのですが、すこし残念でした。
一応PCからもコンテンツは使用できたので、活用はしてみましたが結局テキストは
5分の1くらいしか読破できなかった・・・・

雑誌系の書籍も数冊購入してみましたが、紙面をそのまま画像化しているだけなので
小さい画面だとコンテンツが読みにくい・・・・しかもデジタル化のメリットとして
検索の機能も「まったく」搭載されていなく、
たしか「しおり」の機能もなかったように覚えています。

いまさらながらに今日manavinoのホームページを訪れたら、コンテンツがすっかり
整理されてしまっていました。
販売士のコンテンツを見てみようと思ったのですけどね・・・
##地味に販売士の公式テキスト購入すると結構が金額がかかるみたいで物色していたのですが(笑)

いまAndroid系アプリで活用しているのは無料で公開されている「基本情報技術」の
過去問題コンテンツですが、手軽に解答できるのは午前問題ぐらいまでなので、
午後対策にはならないのですが(笑)
ああっこんなこと書いていないで4/21の試験に向けて勉強しないと

インバスケットって知っています?

資格ではないのですが・・・・組織で任用・昇進するときなどの
個人の能力をはかるのに使用するゲーム(?)です。
インバスケット=未決箱(未決済の書類がはいっている箱)の意で
ある逼迫した情況の中20~30ぐらいの事案を短時間に指示を出すといったものです。

定番のシチュエーションは急遽ある組織の課長として着任予定です。
着任前の休日出社職場にはだれもいません。
引継ぎもないまま、各種事案について指示を出すことになっています。
ただし明日から着任と同時に海外出張になっているので、
メール・文章などで各種指示を出さなければならない。

案件はいろいろ多岐にわたっており
担当部下の野口さんが仕事が面白くないので退職したい
事業計画の活動計画書の策定
あるプロジェクトの会議設定について参加者やスケジュール調整
ある重要顧客からの社長へのクレーム手紙の処理
販売担当者が外出先で紛失した顧客情報の処理
ある市場での販売実績の低下による対応策検討
などなどの事案がてんこ盛り(笑)

これらの事案について各種指示を制限時間の中で対処するといったものです。
たしかにゲームとして対応すれは楽しいかも知れませんが
自身の評価がからむとなかなか(笑)

指示の出し方については俗に「正解」と言われるものは無いのですが
会社の要望する方向性といったものはありますし、指示の出し方も
より具体的に漏れのない指示を出したほうが良いです。
ただし時間も制限されてくるので、より限られた時間の中で事案の優先順位を
判断して、事案の背景に隠れている因果関係を想定して対処する方法が
もとめられていると思われます。

もちろん、部下に一任する指示の出し方もありますが、それだと結果が
コントロールできない場合もあるので、重要な案件の場合は比較的細かく
指示を出す必要があります。もちろん細かく指示を出しすぎると時間がなくなるので
案件の重要性と時間とのバランスも重要なキーポイントになります。

わたしが経験したインバスケットゲームのときはさらに上記対応の最中にまた別の
シチュエーションのシナリオを急に渡されて、部下の面接を10分程度で実施する
オプション付きで力いっぱい時間をつぶしていただけました。

実際にはこれらのゲームのほかにグループを形成して、実際自身が作成した
指示書などをベースにグループ討議を実施してグループとしての指示書をまとめたり
しますが、このグループ討議の模様をアセッサーなる評価者(観察者)がみて
グループ討議内でのリーダーシップの取り方や議事進行の取りまとめ、参加情況などを
観察してゲーム参加者の人材アセスメントに関する「閻魔帳」をつけていただけます。
まあ、閻魔帳は会社用のものとゲーム参加者へのフィードバックのものがあるのですが
会社用のものは残念ながら見たことはありません(笑)

dtab配達されました。

3月27日にwebで発注していたdocomoのタブレット端末「dtab」が到着。
キャンペーン適用で9975円にdocomoのたまっていたポイント7200円分を使用したので
かなり安く済みました。
一応オプションのシリコンケースも購入したので実質の支払いは4935円
まあ、6ヶ月映像サービス利用しなければならないのですが、まあ月額525円だし(笑)

映像オプションもdstickのキャンペーンを適用させるため申し込んでいたので
自宅にいる時はBGVイメージで流しっぱなしにしています。
光ファイバーで動画パケットを流しているので
もしかしたらISPの通信量の制限に引っかかるかも知れない(爆)

とれあえず電源をいれてもともと想定していたビュアー(perfect view)を
インストールし自炊データを入れて見る。
さすがに画面が大きいから見やすいです。結構いいかも
あとはバッテリーのもち状態ですかね、数日間携帯してみて試して見ます。
G3やLTEの通信部を持っていないので、恐らく他の機種より持ちはいいのかなと
想像しています。

とりあえずツールは手に入れたので、
時間のある時ビジネス実務法務検定2級の問題集2010年版をばらして
デジタル化してみます。
裁断・スキャニングはすべて会社の設備を使用予定(笑)
あーmicroSDカードの容量の大きいものと携帯用のケースを用意しなくちゃ

受験票到着しました。

4月21日に開催される基本情報処理試験の受験票が到着。
封筒はH24年秋期と同じ形状で色違い今回はブルーの封筒で封入されている。
受験票なども青をベースにしたものです。
##前回はグレーを基調にしていました
記載されている注意事項などが微妙に変更になっている
前回も地図は印刷されているのですが、今回はわざわざ注意事項で
地図は印字してあるけど事前に自分でしっかり調べてから来てね
と記載されている・・・・わざわざ書かなくても・・・と思うのですが
きっと何かあったのでしょうね。

懸案でした試験会場は北海道大学です。
ここなら天候さえ良ければ自宅から数キロしか離れていないので
自転車で行く選択肢もあるかな。
北海道大学は、ずーーーーっと昔危険物(丙種)を受験した時に入ったきりです。

昼食はどこがあるのかな・・・・
ここにもちょっと挑戦してみたいのですが(笑)
札幌の大盛りの店としては割りと有名かも
お腹を満腹にして午後から脳に血が回らなくても困るのですが(笑)

情報セキュリティ関連の仕事はお金になる?

4月に入ってから立て続けに企業のサーバに不正アクセスが続いていますね。
yahoo
goo
NTT東日本のメンバーズ情報
ebook japan
Tpoint
うっ全部会員登録している(笑)
どの企業もサーバとかデータのメンテ・管理はアウトソーシングしていると
思うのですがどうなんでしょう?

情報セキュリティ関連の資格でワールドワイドで有名どころは
(ISC)2
アイシーエススクエア
のCISSP(Certified Information Systems Security Professional)ですね。
試験自体はピアソンvueでCBTベースで受験できるそうですが
試験時間が360分(笑)
6時間ですよ6時間!!
ご飯とトイレはどーするんだ??
先人受験者の体験記を読むと食べ物の持込ができるらしい(会場によると思いますが)
音が出るものとか匂いのきついものは嫌われそう。

受験費用も68250円と時間単価に見合う価格設定となっていますので
個人受験するにはとてもつらい価格帯(だよね)
日本では4/1現在1284名が登録されている模様。
一番登録人数が多い企業はNTTコミュニケーションズをはじめhp、LACなど

受験に際しては対応の公式セミナーを受講するのが一般的のようですが
NRIセキュアテクノロジーでも4/1からセミナーを開講
受講料は約45万円!!会社経費ぢゃないとむりです(笑)
参考テキストで市販で入手可能なものは
CISSP認定試験 公式ガイドブック
15750円割りと高いが受験料など見た後は安く感じる(笑)

試験合格後に登録するのにCISSPの所有者の推薦状が必要なため結構敷居が高い模様。
一応推薦状がなくても申請するフローはあるようですが、結構、不受理になるみたい。
しかも申請書英語で書かないといけない。
##公式セミナーでは合格者に英語の申請書を代筆するサービスもある模様(爆)

うーむこんなにコストを掛かってもニーズはあるのですね。

温故知新マイクロソフトの資格

なつかしい資料発見
当時の試験センタのシルバンプロメトリック(現プロメトリック)においてあった
マイクロソフト認定技術資格の案内チラシです(1999年)
当時の資格構成はすごく簡単ですね(笑)
mcp01.jpg
いまはもう無き
MCP+Internet
などとゆー組み合わせもあります
当時はNT4.0トラックでMCSEを取得していたのですが、
まったくそんな資格を使用することの無い職場へ転勤
現在は賞味期限切れになっています。
あっでも今はレガシー資格として表記してよかったんでしたけ?
今一よくわかっていない(笑)
チラシに記載されている特典で
MCSEの「TechNet一年間無料配布」の特典は良かったですね。
当時ネット環境も常時接続なんて一般家庭にはレアな時代で
たしかリーズナブルな常時接続回線は「OCNエコノミー」で38000円の回線速度は128kbps!!
そんな環境でマイクロソフトから毎月提供されるTechNetの各種アップデートパッチや
評価版のソフトのCDは環境設備には便利だったんですけどね。
##反対にテクニカルテキストは英語ばっかりで全然活用していませんでしたが・・・
私のような、なんちゃってMCSEが多くなってコストがかかったせいか
知らないうちに特典なくなってしまいました。
あとMCP取得者向けに各種ソフトやハードを割りと安く頒布していただき
OSとか半額ぐらいで手に入れた記憶があります。

参考に裏面も掲載しておきます。
mcp02.jpg

新選組検定締め切りが近づく

全然受ける予定は無いのですが
新選組検定の申込み締め切りが近づいてきました。
第3回の開催から北海道は函館会場の試験開催が決定
後援に函館市の名前も掲載されている
ただ公式ホームページの一番下段に後援団体名が記載されていますが
後援(予定)のカッコ書きの予定が凄く気になります。
いいのか予定を記載して(笑)

このような試験でいつも気になるのが「試験会場」の場所なんですが
いまだに会場の場所の情報が公開されていない。
東京とかだと、どこの会場を設定されても問題はないと思いますが
「函館」は結構場所に留意しないと容易に会場にたどりつけないと思います(笑)
もともと新撰組に縁のある「五稜郭」があって函館会場設定となったと思うのですが
おそらく観光をプラスして受験者を見込んでいるんでしょう?
地元の人はそんなに受験しないと思う(いや本当)

たぶん100人規模の会場を設定しようとするとホテル以外だと
金森ホール
函館北洋ビル
サン・リフレ函館
函館市亀田福祉センター
ふるる函館
ぐらいしかないような気がする。
交通の便がよくて使いやすい会場だと「金森ホール」ぐらいか
下の3会場は検定を独自開催した時に使ったことがありますが
会場使用料は安いのですが、交通の便が悪いんですよね。
第2回の検定のときは東京などは大学に会場設定されていたようですが、
函館だと「函館未来大学」「函館大学」「北海道教育大学」「北海道大学水産学部」
とかありますが、どれもちょっと交通の便は悪いぞ。

個人的には是非、五稜郭公園内の復元された函館奉行所を試験会場にするぐらい
がんばって欲しいところです(笑)
あとマニアックなところで「四稜郭」跡地といったところもお勧めか(爆)

痛恨の一撃。それはないしょ

今日「電子ファイリング検定A級指定テキスト」定価2095(税別)が到着!!
今までの「電子化ファイリング検定」から
「電子ファイリング検定」に名前を変更。
改名(笑)にあわせて4月にテキストの大幅な改定(?)を実施したとのこと
今回改定後の初版の指定テキストになります。
検定の改名といっても試験の開催回数は踏襲しているようですし
なんてったって「化」が抜けただけ(爆)

まあ学習方法も前回の「B級」と同様に指定テキストを熟読して
過去問題を完璧にしておけば大丈夫と思っていたのですが、
ouch!!今回の「A級」の指定テキストには過去問題が掲載されていない(笑)

もともと、この試験は、試験時問題用紙も回収されるので、持ち帰れない。
指定テキストの巻末に掲載されている
過去問題が唯一出題傾向を図ることのできる貴重な情報源だったのですが・・・
しかも「A級」にはマークシート以外に「記述」があるんですよね。
ビジネス能力検定みたいな箇条書きみたいな記述問題なら全然OKですが
そんなはずも無く、指定キーワードを使用して1000文字以内にxxxについて
記述せよみたいな設問だと、対策しておかないと合格できる気がしません。
そもそも合格率も
B級 52.5%
A級 24.9%
とのことで結構難易度が高いかも・・・・
ちなみに所属している会社での当該資格の難易度は
B級が5段階難易度で4番目
A級が2番目の難易度設定・・・うーむ高いぞ
ここら辺の難易度は簿記1級とかFASSのAランクや応用情報技術に設定されています。
指定テキスト自体はそんなに難しくはなさそうなんですけどねー

受験料7350円で出題傾向を把握するためだけに受験するのもありなんですけどね(笑)
一応検定主催団体が通信講座を開催しているのですが、恐らく指定テキストを
送りつけて一回だけレポート(恐らく過去問題?)を提出させるだけのものみたいだし
あと東京で5月に半日コースの講座も開催されているので、受講してみたいのですけど
東京は遠いなー
一応旧版の指定テキスト探してみよう・・・・あまり出ていないんですけどね。

マイクロソフトの資格ですが今更?

マイクロソフトの資格にMicrosoft Certified Professional通称MCPがあります。
簡単に説明するとマイクロソフトの商品の使い勝手を詳しく知っているぜ!!
と自慢する資格(嘘)ですが、試験の種類は膨大にあります(笑)
そして取得した資格の種類の組み合わせにより
MCSEとかMCSAとかの称号を取得することが出来ます。
まあ組み合わせなどは色々なパターンなどがあり希望するスキルの
守備範囲でいろいろあるのですが、
MCSEの場合(昔はMicrosoft Certified System Engineerだったのですが
いまはMicrosoft Certified Solutions Expertもあるんですね)
System Engineerの2003トラックだと
70-270/70-680/70-290/70-291/70-293/70-294/70-297の必須・選択科目7科目合格
することで取得することが出来ます。
##もちろん上記でない組み合わせもありますが
私の場合CompTIA Securty+を取得しているので70-680を免除することが出来ます。

もともとクライアントOSのWindowsXPの試験70-270を受ける予定で
準備していたのですが、今となっては受ける人も皆無なのかな・・・
マイクロソフト本社のホームページで確認したら今年の7月末で
試験が終了いると書かれていた(笑)
まだ、試験を実施しているプロメトリックのホームページでは普通に試験の
申込みは出来るようになっていましたが、受験するなら早めにしないといけませんね。
今なら5月末まで「セカンドショットキャンペーン」を実施しているので
不合格でも一回だけ無料で同科目を再受験することができるので有効に活用したいところです。
実際には再受験といっても不合格後に試験日を新たに予約しなければならないので
一回目の試験は遅くても5月の中旬に受験していないと、
次の予約が取れない可能性もあるのですが(笑)

年度更新しました

いやーようやく年度更新しましたねー
3月末から今日まで、取引先の対応やら、年度更新の関係で
もろもろ、いそがしかったっす。
昨日あたりは新採の入社式もあったのかな?
人事異動の着任などの挨拶まわりなどごったかえしていました。

おかげさまで(残念ながら)今回私の4月の人事異動はなかったので
今しばらくは今の職場です。
まあ、7月にも大きな人事異動があるのでまだ判らないんですけどね(笑)
他企業は判らないのですが、所属している企業は本当に異動の一週間前に
発令でポーンと引越しの必要な人事異動が発生したりします(爆)
まあ、風のうわさみたいな異動情報は事前に聞こえてきますが
正式なものは一週間前なので、引越しの手配は結構大変だったりします。
以前年末発令の1/4着任といった異動も経験したのですが、今となっては思い出話(本当か?)

ようやく、ひと段落ついたところでカレンダーを見ると
基本情報技術の試験まで3週間を切っています。
もうそろそろまじめに取り組まないと・・・・
今日大原学園からも通信教育での「公開模試試験」が届いていた。
単独で申し込むと4000円もかかるのね。
最後の総仕上げに大切に取っておきます。
まずは午後試験のテキストを読破しましょう・・・・

ちなみに、今日ファイリングデザイナー検定(2級)の申込みをweb経由で完了
申込みも簡単になりましたね
昔だと願書を取り寄せて振込み用紙で銀行から入金手続きなどあったんですけど
試験概要はもとより、過去の試験問題や試験対策の情報まであるんですもね。

そうそうあわせて電子化ファイリング検定(A級)の申込み受付も4/1からだったのですが
こちらの方は公式テキストの刷新があるため、とりあえずamazonでテキストを発注。
到着後テキストを見てから申込みするかを確定させたいと思います。

ビジネスキャリア検定合格証到着

2月17日受験したビジネスキャリア検定の合格証書が到着
bce2
とりあえず営業2級と経営情報システム2級(情報化活用)の2種類。
合格証書はこんな感じ。
これでビジネスキャリア検定は4種目ですが、
合格証書に記載されている登録番号は個人別にユニークに登録されている模様
4種すべて同じ登録番号でした。
なんとなく
01(北海道)2012(登録年度)123456(通番号)A(チェックサム)
みたい。
プロフィール

ぱぱはし

Author:ぱぱはし

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。