スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスキャリア検定のホームページが・・・

ビジネスキャリア検定のホームページがリニューアルされていました。
いままでのイメージを刷新して、なんか安普請(失礼)かも
じみに、過去問題も公開されているものは一期分だけ、あれっ
でも問題集を作成することは書かれていた。
しかしながら発行は平成26年度(笑)
問題集いらないから、過去問題公開してください。


スポンサーサイト

人材育成計画

職場で次年度に向けた人材育成計画の一環で
研修・トレーニング希望の取りまとめがありました。
希望のトレーニングがあったらエントリーしてやるから
トレーニング一覧を見ておけとしのこと。
まあ今までコーチングやら課題解決やら受けさせて
いただきましたが基本、上位職能者が設定したものを
トップダウンでのエントリーだったので、少し新鮮でした(笑)

でトレーニングリストをみると
SEA/J情報セキュリティ認定コースみたいなものを発見
研修の名前はSEA/Jの冠はついていないのですが、
トレーニングの、内容を要約したものを読むと
そこはかとなく内容がSEA/J情報セキュリティ認定コースぽい。
まあ研修が札幌なので、違うと思うが、教材がよければ
試験対策に使用できるかと思いエントリー。

来年度転勤してなきゃ受講できるはず(笑)

今日は簿記検定の試験日

2月24日は第133回の簿記検定の試験日でした。
資格といえば簿記と連想するぐらい印象が強いんですけど
残念ながら、関連する仕事にはついたことはないのです。
まあ、思い立ったが吉日とゆーことで、
amazonで一冊中古のテキストを発注
1人で勉強して1回の受験で合格する!日商簿記3級120%完全合格自習テキスト
の旧版を選択
何故この本を選んだかといえば、定価より中古価格が高かったから(笑)
amazonではよくあるのですが、試験が近くなると出版社の在庫が無くなり
中古本が新品より高い値段がつくことがあります。
まあ内容が支持されて在庫がなくなるのであれば、お勧めだろうと想定。
たまに対応できるテキストがそれ一種類しかなく、在庫がなくなる場合もありますが
簿記ではそんなこともありえないので(笑)

ビジネスキャリア検定の通信講座

ビジネスキャリア検定の受験が終わりましたが
会場で見た「標準テキスト」でない書籍(問題集?)
いろいろ調べてみましたが、通信教育講座の教材?
日本生産性本部で開講しているので試しに申し込んでみました。
一応
マーケティング・経営戦略の
分野受験を検討しているのでマーケティング3級でエントリー

教材は
中央職業能力開発協会発行「標準テキスト」1冊(市販品)
日本生産性本部製作「課題冊子」1冊
付録・ビジネスキャリア検定試験過去問題(抜粋版/解答・解説付)

受講料は一般だと19500円(団体だと15600円)
うーむ一般市販テキストを使用してこの価格だと少し高いような・・・
課題冊子と過去問題(解説付き)が秀逸であることに期待しています。

個人情報保護士の認定証到着

12月に受験した第29回個人情報保護士の認定証が到着してました
こんな感じ
kojin.jpg
ゴールドのラメ感が・・・・すごく恥ずかしいんですけど。
まあ、携帯・提示するようなものでないのでいいのですが
もう少しデザインかっこよくしてほしいな(笑)

後定番で、「個人情報保護士」「情報セキュリティ管理士」を対象とした
アップグレード講習会の営業チラシも同封されていました
全日本情報学習振興協会の試験には風物詩とゆーことでご愛嬌。

ちなみに来年度の5月6月の試験スケジュールも同封
5月12日受験予定の「情報セキュリティ管理士」の試験会場も記載されていました。
札幌会場は今までの天使大学でなく北海道教育大学札幌校。
新興住宅街エリアなので基本コインパーキングなどほとんど無いので車を
駐車するところが少ないんですよね(笑)

あとこんな合格証書が同封。
kojin2.jpg

大麻エリアで受験

第14回知的財産管理技能検定の受験票が
メールで昨日通知されました。
危険物の試験みたくPDFでダウンロードして印刷する方式なのね。
プリンタ持っていない人はどうするんだろう
割りといると思うのですが?

さて懸案だった受験会場は・・・・・
札幌学院大学でした(笑)
札幌市ぢゃないだろう
しかも受験票の注意事項には車での「送迎」も不可と書かれている(笑)
まあ確かに周囲はそんなに道幅広くないので、路上駐車されると厳しいですが
送迎不可と表記するのもすごいかも。
ちなみに私は当日やはり車で移動JR大麻駅前のタイムズパーキングを利用かな
満車時の対策だけ考えておかなきゃ。

以前書いたとおり試験会場は「大麻」と書いて「おおあさ」と読む地域になります。
会場自体の住所は「文京台」ですけど(笑)
大麻の地名の語源はwikiに記載されていますが、
地元の方のお話だと戦時中、繊維をとるために大麻畑も大量にあったみたいですね。
自生している大麻を駆除しているニュースを見たことがあるので
まったく無関係でもなさそう。

CompTIA Project+認定証到着

1月13日に受験したCompTIA Project+の認定書と認定カードが
エアメールで到着。
1月14日には発送依頼を速攻でCompTIAのwebで登録
1月20日に発送処理になったので約1ヶ月で到着
一応発送処理まではweb上で確認とれますが
その後はひたすら待ち状態です。
project.jpg
発送処理までは毎回登録住所の確認(承認)をしなければ
発送処理ステータスに移行しないんですよね(多分)

とりあえずCompTIA系の予定していた受験は以上で完了
Project+には再認定はないのですが
いままで取得したA+ Network+ Securty+などには再認定の設定があるので
数年後にはCEプログラムか改定版の資格を受験するのかな(笑)

模範解答が公開されました(ビジネスキャリア検定)

本日(2月19日)10時頃にはビジネスキャリア検定の模範解答が公開
2月26日まで公開とのこと。
ちゃちゃっと答え合わせして自己採点
営業2級
60/90(2点26/35 4点2/5)
経営情報システム2級(情報化活用)
58/90(2点21/35 4点4/5)
でした。
一応合格基準が「得点率概ね60%以上」なので
現段階では合格側にはいますが結構ギリギリラインです(笑)
過去の出題問題も回答してきましたが、正答率が
同じぐらいなので、同じぐらいの難易度だったのかなと
思っています。
課題と思っているのは「営業2級」でビジネス法務系の
設問を結構落としていたことと、「経営情報システム2級」で
成果のマネジメント(モニタリング・コントロール)の分野が
ほぼ壊滅だったこと(悲)

標準テキストに出ていなかった過去設問のキーワードは
端から無視してまったく学習しませんでしたが、
今回も出題されてしまいました。
##最初から数問だろうと「捨て問」にしていたのですが・・・・
案の定、正答を導くことが出来ませんでした(笑)
皆様は標準テキストに出ていないキーワードは、しっかり
個別に調べてまとめておきましょう。

今回の試験会場で少し気になったのが「標準テキスト」以外の
テキスト(問題集?)らしきものをお持ちの方がいらっしゃったのですが
ビジネスキャリア検定以外の試験のものを流用されていらっしゃるの
でしょうか?識者の方情報共有いただけると幸いです。

知的財産管理技能検定の勉強はじめます

昨日ようやくビジネスキャリア検定が終了したので
本日から知的財産管理技能検定(3級)の勉強を始めます(笑)
基本情報技術者やビジネス実務法務検定などで
ほんの少しだけど、かすめているので2週間ぐらいで
なんとかなる(したいな)と思っています。
まあとりあえず200ページぐらいしかない公式テキスト
##一版古いものですが(笑)
を読破予定。
あとは
TAC出版の
知的財産技能検定3級スピード問題集の
それぞれ学科2011年版と実技2012年版の問題集を(中古で)用意
最後に過去問題3期分。
過去問の解説には
http://blog.nikkeibp.co.jp/nd/chizainavi/
のホームページを参考にさせていただく予定です。

しかしこの試験
国家試験のくせに、受験費用が高いし。
最近難化しているのか?合格率(3級)が下がっているんですよね
受験票の発送は明日(2/20)とwebで書かれていたので、
22日ぐらいには到着すると想定。

今一番の懸案事項は受験会場かな(笑)
江別市(札幌学院大学)だけは勘弁してほしいな
遠いし、近くに駐車場は無いし、学生マンションばっりだから
昼食食べれる場所もあんまり無いはず・・・・(最近は判らないけど)
ちなみにここの大学最寄のJR駅名は「大麻」と書いて「おおあさ」と
読みます。まあ、道外の方は普通「たいま」って読みますよね(笑)

ビジネスキャリア検定受験してきました

今日は平成24年度後期ビジネスキャリア検定の受験日でした。
午前の部「営業2級」
午後の部「経営情報システム2級(情報化活用)」
のダブルヘッダーに挑戦。

今日の札幌は「どか雪」で車の上には30cm以上の積雪
もう雪はいらない・・・・・気を取り直して車から
雪を降ろして試験会場へ。

ちなみに昨日完徹したので、試験中酷く眠かったです(笑)
試験自体は・・・・あんなもんです。
もともと過去問60%ぐらいしか正答できていないので結構微妙でした(爆)
でも「経営情報システム」は反則すぎる。
標準テキストに載っていないキーワードあれだけ出題できるな!!
まあ出題傾向はまた別途コメントいたします。

とりあえず眠い・・・・おやすみなさい。

テレコムアドバイザー検定って知っています?

2月17日(日)は第7回テレコムアドバイザー検定の試験です。
試験の趣旨はホームページによると
テレコムアドバイザー検定は、電気通信サービス全般について必要な知識に精通し、
利用者に対して適切な助言が出来る人材を育成することを目的として、一般社団
法人全日本電気通信サービス取引協会が行う技能検定です。

とのこと、全日本電気通信サービス取引協会自体は昔から継続活動している
団体で電話加入権が財産として価値が高かった頃、権利を売買していた団体です。
##当時は名称が「全日本電話取引業協会」でしたが
ちなみに以前自宅の固定電話回線もここの協会会員企業から購入しました(笑)
##今はIP電話ですが(笑)

まあ資格としては多少面白いなと思うのですが、実行的なニーズはほとんどなさそう。
試験会場が北海道にあれば、受験も検討したのですが、なにぶん大阪・東京だけ。
5人以上で団体申込みも可能ですが、試験の監査人みたいな人を派遣するので、
その人の実費費用がかかるらしい。
東京までの交通費などを支払うぐらいなら5人分の受験費を支払って受けてみようかと
思いましたが監査人の実費分負担があれば実行的でないので断念。
まあ試験問題は公開試験も回収するそうなので、団体試験も同じ試験問題を使いまわし
するんでしょうね。団体試験はいつでも実施できるようですし。

ちなみに、全日本電気通信サービス取引協会のホームページには事業報告も掲載
されているのですが、毎年の公開試験の受験者数は約100名ほど昨年度にいたっては
2桁台。
総務省の後援も取り付けているのですが意味はあるのか?
まあ、リンク先の総務省の後援取り扱いの方針もいろいろ書いてありますが
利権者から意見陳情で突っ込まれて、策定した感がでまくりです。
総通局のご担当さまごくろうさまです(笑)

大塚商会のSEA/J基礎コース体験セミナー

情報が中々少ないSEA/Jの情報セキュリティ技術認定基礎コースの
セミナーが大塚商会主催で体験スクールとして開催されるようです。
##一応2月15日から受付開始の模様
参加費は無料で、参加者多数の場合は抽選、事前登録制。
開催日は3月19日(火)で東京の大塚商会の水道橋スクールで開催
時間は2時間の体験コースですが、実際に使用しているテキストも
見ることが出来る模様。
##テキストは貸与で回収されるみたいですが(笑)
うーむ、交通費(飛行機)をかけてでもいくか?
ちょっと(いや大分・・・)悩んでしまいました。
まあ平日であることも問題なんですが(爆)

CAVAで個人事業主

.comMasterの有資格者(BASICを除く)を対象にした仕事で
「CAVA(.com Advisor & Valuable Agent)」とゆー仕組みがあります。
詳しくはここ
簡単に要約すると.comMasterの資格を持っている方だけが、
当該の仕事(CAVA)にありつけるといった仕組みです。
メインはインターネット接続に関するサポート業務で
在宅で好きな時間で電話サポート業務が出来るとのこと。
仕組みが出来た10年前は「クラウド」などとゆーキーワードもなく
在宅勤務のコールセンタイメージしかなかったのですが、
今は「ヒューマンクラウド」とおしゃれな(笑)表記を使っています。

資格と仕事がリンクしていて、なかなか考えられているなと
仕組みが出来た当時は関心した覚えがあります。
当時は今ほど「CAVA」に関しての情報もオープンになって
いなかったのですが、今は割りとホームページなどで公開されていて、
仕事までのフローを見ると事前研修の期間も微妙に長く、
その研修自体が受講者の実費負担。しかもちょっと高い(笑)
受講には遠隔受講が必須なのでネット回線やwebカメラなども
自身で用意。
でも、リンク先の記述を見て納得。今までCAVAは雇用と思っていたのですが
「業務委託契約」なんですね。
契約を締結したら今日からあなたも個人事業主になれます。
##確定申告がんばってください。
契約書を見ていないので詳細は不明ですが、仕事(業務)にかかわる
リスク・事故などの責任が基本受託者になるので、結構微妙かも
まあ、契約書の内容しだいですが。

あと疑問に思っていた、募集要項の「クレジットカード」所有の条件
しかもMasterCARDかVISA指定。
最初は身分証明?とも思ったのですが、研修受講費用を決済するのに
使用するものらしい。現金受付しないんだ。

毎月1回CAVA業務説明会を開催しているとのことですが、おそらく
北海道では開催していないだろうな。

.comMasterキャンペーン

.comMaterの受験パックキャンペーンが2月12日から実施されています。
簡単にまとめると受験用のバウチャーチケットを購入すると
もれなく公式テキストと過去問題の解説テキストがついてくるといったもの
公式テキストって割りと高いですから、受験を検討している方は今がお勧め。
ちなみに私もダブルスターは昨年の同様なキャンペーンを使って受験しています。

今回のキャンペーンは3月31日までの期間限定で数量も100セットとのことで
対象試験は
BASIC
シングルスター
ダブルスター
の3種類のみ
ちなみにトリプルスターはそもそもCBT試験が無いのでバウチャーチケットもなく
キャンペーン自体が設定されておりません。
唯一のデメリットはバウチャーチケットの使用期限が10ヶ月の期間限定ぐらいかな?
##前回のキャンペーンは8月末日までの期間限定だったので若干長くなっています。

うーむ、トリプルスターのキャンペーン是非設定して欲しいな。
まあ、試験は12月一回きりのPBTなのと、試験対策が公式テキストだけなので
キャンペーンの設定がしにくいんでしょうね。
過去問題の解説テキスト作成したら結構ニーズはありそうなんですが、
どんなもんでしょう?
個人的にはこんな試験対策のしにくい資格をお持ちの方はある意味尊敬しています。

情報セキュリティ管理士認定試験の請求書着

全日本情報学習振興協会から以前webで申し込んだ
5月12日開催分の請求書が到着。
ちなみに振込用紙でコンビニまたは銀行から入金が出来ます。

ここの協会主催の試験は今回で3回目なのですが
振込み方式の受付は今回で2回目。
はじめて受けた「情報セキュリティ初級認定試験」のときは
クレジットカード支払いが選択で出来ていたのですが
今はクレジットカード支払いが選択できなくなっている?
クレジットカード決済も結構な加盟店手数料取りますからね(笑)

で、振込み用紙には、へりくだって「申込みありがとー」と
記載されていますが、この振込み用紙を受け取ったら
一週間以内に金を振り込まないと、再送用の切手や事務の手間賃など
付け足した請求書だすかもしれないから、よろしく。
と「不幸の手紙」みたいなことまで書いてある(笑)

まあ、自社防衛のため記載しているんだろうけど、
web申込みの時に、こまごまいっぱい書かれている「同意項目」に
記載されている内容なんだから、こんなこと再記載して心証を
悪くしなくてもいいよなーと思ってしまう。
##もしかして私だけ?
近々入金します。

ビジネスキャリア検定営業2級過去問題解いてみた

ビジネスキャリア検定の営業2級のH22・H23の過去問題を解いてみた。
H22年度は54/90で正答率60%
H23年度は56/90で正答率62%
ちょうどぎりぎり合格ライン(笑)
間違えた問題と、そもそも判らなかった
問題の理解度を深めればOKかな

営業3級より単純な知識を問う設問が少なく
なっていますが、何故その選択肢になるか
判らないものが若干あります。営業2級の
標準テキストまったく読んでいないので
もしかしたら記載されているのかも(爆)

今日はビジネス著作権検定と秘書検定の試験日

第27回ビジネス著作権検定の試験日です。
いや、実際に受験するわけではないのですが(笑)
この試験の「上級」は「知的財産管理技能検定2級」の
受験資格にもなるんですよね。
まあ受験資格といっても実務経験の自己申告でも対応可能ですが(笑)

「知的財産管理技能検定3級」の前哨戦に受験しようかな
とも思ったのですが、あっとゆうまに受験締め切り終わっていました(笑)
ちなみにこの試験、年3回ぐらい実施するので割りと
受けやすそう。しかも申込み締め切りも結構ギリギリまで
受け付けてくれるし。
札幌の公開試験会場は昨年ビジネス能力検定を受けた
札幌科学技術専門学校

あと「秘書検定」の試験も開催されます。
個人的には、かなり受けたいのですが、回りの視線に耐えれそうにないので
あきらめました(笑)

とりあえず2月10日は家族サービスで円山動物園さっぽろ雪祭り会場をめぐって終わりかな(笑)

情報化活用2級H23年度過去問解いてみた

ビジネスキャリア検定
経営情報システム2級(情報化活用)のH23年過去問題を解いてみた。
貴重な過去問題です。
とりあえず60/90で合格基準のポーター60%以上なので
初見でクリア(笑)
でもあいかわらず「標準テキスト」に記載されていない
内容が出ている(笑)営業3級の時はしっかり
「標準テキスト」に記載されている内容しか出題されていなかったのに
分野で結構違うんですね。

あと一般的なキーワードを使って、そのキーワードの記述に関して
誤っているものを選びなさい。といった設問がわりと多いのですが
「グループウェア」だったり「文書作成ソフト」だったり
その定義が難しい設問が多いかなー、具体的な条件を記していただけると
解答できるけど、択一なのに誤っているものが複数または、見つけられない
ときがあります(笑)まあ「営業3級」みたく「最も不適切なものを」みたいな
設問にしていただくだけでも全然ちがうんですけど(笑)

明日は「営業2級」の過去問題に移行します。

情報セキュリティ管理士認定試験の申込み

5月12日に開催予定の
第9回情報セキュリティ管理士認定試験の申込みしました。

試験概要は次のとおり
出題数:180問
出題形式:四肢択一/二択
試験時間:120min
合格判定:4分野の各分野で70%以上の正答が必要
Ⅰ.情報セキュリティ総論
II .情報資産に対する脅威と対策1
II .情報資産に対する脅威と対策2
IV .コンピュータの一般知識
平均合格率:40%
受験費:10,500円

とりあえずwebでの申し込み完了。
あとで振込み用紙が郵送されてくる予定
多分、基本情報処理の勉強でカバーできると思っています。

大原学園通信講座「基本情報技術者」編

先月末に到着した学校法人大原学園の通信講座
基本情報技術者試験の教材関連の情報です。

会社経由の申込みのため大原学園でのwebページには
同様のコースは見当たらないのですが、使用している教材は
まったく通学コースなどと同じ様です。
通学コースだと105000円なのですが、教材と実力判定テストの
提出だけなので、ぐぐっとお安くなっています。
特別なコースなのかも知れないので、金額は記述しませんが
教材などのボリュームを見るとお得感満載(笑)
通学コース(表計算)だと66回の受講なのですが、一回の受講時間が
3時間らしいから全部で約200時間!!
まあ、テキストのボリュームだとそれぐらいは必要か(笑)
でも時間単位の単金で見ると一時間あたり500円強だから
時間がとれるのであれば、こちらもかなりお得か?
英会話スクールだと倒産した某大手スクールだと一時間2000円強
ぐらいだったはずなので、やはり安いよね、きっと。

とりあえず「基本情報技術者午前対策テキスト」を
斜め読みしかしていないのですが、このテキストは結構
秀逸かもしれません。
要点と解説が上手くまとめられていて、その後、実際に出題された
問題とその解説がついています。
図や表などのバランスもよく、あの分厚いIPAのシラバスの範囲が
まとまっているなぁと感心しています。
まあ、基本情報技術者のテキスト自体一冊も持っていないので
比較しようがないのですが、今まで受験した試験の公式テキストなどと
比較すると、かなりいい感じです。
テキスト自体714ページもあり分厚いのですが、サイズをA5サイズに
しているので、思ったより軽いです。(思ったよりです。)

とりあえず終了証をいただくため6回の提出が必須の実力判定テストを
6回分、解答して今日専用封筒(もちろん受取支払い封筒)にて発送完了しました。

実力判定テストはさすがにオリジナル問題とはいかず、いままでの
過去出題または類似問題となっていましたが、まあこれは
しょうがないですね。

メインの対策は午後問題なので、また今度テキストの使い勝手について
コメントしたいと思います。

情報化活用2級H22年度過去問解いてみた。(Q8)

ビジネスキャリア検定試験の
経営情報システム(情報化活用)2級の平成22年度の
過去出題問題でとても素敵な設問パート2です。

問題8
特定の環境にとらわれず機能する電子文書用
フォーマットであるPDF(Portable Document Format)
ファイルの特徴に関する次の記述のうち、正しい
ものを選びなさい。

ア.PDFファイルを閲覧可能なソフトウエアがイン
ストールされていれば異なる環境下でも元の文書の
レイアウト通り表示、印刷できるが日本語文書は日
本語環境が必要である。

イ.音楽、動画などマルチメディアへの対応機能も
準備されているのでプレゼンテーション用にも活用
される。

ウ.閲覧用パスワードを利用すれば改ざん防止対策
が可能であるため、比較的安全性が高いファイル形
式と評価されている。

エ.一般的なテキスト文書をPDFファイルに変換
すると元の文書データに比較してファイル容量が若
干増大するデメリットがある。

オ.文書作成ソフト、表計算ソフトなどのソフトウェア
で作成された電子ファイル以外の手書き文書などはPDF
では取り扱えない。

って感じの設問です。
ちっ、もっと条件を限定しないと解答できないだろう(笑)
以下私の妄想です。

「ア」そもそも日本語環境って何?Windowsは多言語対応だよね?
まあ選択肢の意味がよくわからないので「誤り」
「イ」おっ、これは正しそう。でもPDFのバージョンに
よって違うんだよな。しかもPDFって国際標準規格化している
バージョンもあるから、標準化バージョンは動画再生機能あったっけ?
「ウ」閲覧パスワードはファイルを開くためのパスワードなので
改ざんに関しては関係ないので「誤り」
「エ」これも、正しそうなんですが・・・・実際プレーンなテキストを
PDFにしたら通常サイズはでかくなります。ただしPDFを作成する時
圧縮率の設定とかあるので大きなサイズのテキストだと圧縮効果により
もとサイズより小さくなるのか?とりあえずいろいろ環境、条件によって
ちがうかもしれませんがこれを解答に選択。
「オ」手書き文章もスキャナーなどで読み取ったあとPDF化が出来るので
「誤り」

この設問の解答は「イ」です。
「イ」と「エ」の両方正しいと思うのですが、何が誤りになるのか・・・
「一般的なテキスト文書」って個人的には「プレーンテキスト」の
イメージなんですが・・・・・
他の方々はWORDとか一太郎とかのワードプロセッサ文章のなのか?

情報化活用2級H22年度過去問解いてみた。

ビジネスキャリア検定試験の
経営情報システム(情報化活用)2級の平成22年度の
過去出題問題を解答してみました。
全部で40問出題ですが、3級と比較すると少しだけ設問文章
解答選択肢が長文になっています。問題用紙が26ページ(笑)

さくっと一時間くらいで解答完了(試験時間は110分)
早速答えあわせ・・・・48/90で正答率53%(笑)
必要な正答率は60%以上なので不合格ぢゃん。

まあこんなものか、でも相変わらず設問が微妙なものが多いような(笑)
400ページもある公式テキストがあるのに、テキストに記載されていない
設問がでてくるし(笑)

たとえば
問題3 マルチメディアの規格に関する次の記述のうち、正しいものを
選びなさい。

ア.MPEG-4とMotion JPEGは動画などに関する規格である。
MPEG-4は、圧縮率は高くないが、Motion JPEGに比べハードウェアのパ
ワーを必要としない上、編集が容易なため、広く普及している。

イ.GIFとJPEGは、画像に関する規格である。GIFは、JPEGに比べフルカ
ラーの画像を扱う時には圧縮率が高くなるので色数の多い写真などに適
している。

ウ.WAVとMP3は、音声に関する規格である。WAVは非圧縮フォーマットで
あり、MP3は利用がオープンであるため音楽ダウンロードにも用いられる
圧縮フォーマットである。

エ.FTPとは、ネットワークを経由したファイル転送プロトコルであり、
TCPとIPを利用する上で基盤となるプロトコルである。

オ.HTML、Webページを記述するための言語であり、このHTMLをXMLに準
拠して改良したものがXHTMLである。XMLは、文章の論理的な構造や見栄
え(フォントサイズなど)を指定する汎用的な言語である。

「ア」いきなりテキストに書かれていないMotion JPEGが出てくる(笑)
いいけど、圧縮率がどっちが高いかは知らないが、マシンパワーを必要と
するのはMPEG-4だから「誤り」
「イ」GIFは256色しか取り扱えないので「誤り」
「ウ」正しいと思うけど「オープン」のキーワードだけが引っかかる(笑)
MP3のエンコーダ・デコーダはオープンソースなもので利用できるけど・・・
「エ」反対ですねTCPとIPはFTPを利用する上で基盤となるプロトコルです。
「オ」XMLの関係についての記述ですが、文章の論理構造は正しいのですが
フォントサイズなどを指定したり見栄えに関してはCSSとか他のものと
考えたのでこれも「誤り」

と判定したのですが解答は「オ」だそうです。
うーむ難しい・・・・・あからさまのものは消去法でどんどん消せるのですが
残りの2拓の選択が微妙なんですよね。
しかも設問も40問で2期分しかないと一回解答して答え覚えてしまうし(笑)

工事担任者DD1種受験料入金

ここ数週間は家族のインフルエンザA型の猛威にさらされている中
なんとか、やり過ごしていたのですが、一昨日から喉に違和感が・・・
まあ、発熱していないので、大丈夫と思いたいのですが(笑)

そんな中、工事担任者試験の申込をweb経由で登録!!
試験種類は結局「DD1種」で申請、早速支払いはコンビニ支払いで
SmartPit」を選択。
とりあえずローソンのloppiでスマートピット番号を入力して
支払いバーコードシートを出力してレジにて8826円入金。

領収書を見ると収納代行事業者NTTコムウェア株式会社とある。
ふーん、SmartPitってNTTコムウェアの取り扱い事業なんですね。
NTTコムウェアといえば以前ドメイン「ntt.com」を取得していたのですが
NTT分割で長距離事業会社のNTTコミュニケーションズ発足時に
ドメインを移行(取られた?)しているんですよね(笑)
いろいろなグループ会社間のパワーバランスがあったんだろうなと邪推しています。

ビジネスキャリア検定受験票がとどいた

今年度後期のビジネスキャリア検定試験の受験票が到着
圧着はがきで前回ど同様のフォーマットでした。
一応ここから出されている受験票のはがきはあて先情報を
透明なインクでバーコードが印刷されているタイプのものを利用。
商工会議所系の試験やIPAの試験の郵送物など多くは
黒インクのバーコードを使用しているのですが
私が受験している試験の中で透明インクを使用しているのは
ここだけですね。

今回は2級試験なので問題数と配点は
通常問題35問各2点
総合事例問題5問各4点
の合計90点で正答率が概ね60%以上とのこと
「概ね」とゆーことは試験の解答状況によっては
合格のボーダーが変更になるとゆーことですね。

試験会場も前回と同じ白石区東札幌の
札幌市産業振興センターですがフロアーが変更になっていて
別棟3Fになっている、受験人数が少なくなっているのか?
でも、仕事の関係で物流とか総務・労働・人事など共通系
専門資格は数が少ないので、ニーズは多いかと思うのですが。

そうそう、あわせて試験の成績優秀者=偏差値70以上に表彰状を送り
同意した方はホームページ上紹介するそうですが、偏差値70って
なんか意味あるのでしょうかね?正規分布だと上位2.2%のグループに
なるのですが、偏差値って値のばらつき具合だから、
偏差値70以上の人がいないとゆー事態もあるわけで、そんな時は
ばらつきが少ないので、通常は合格率の高いとゆーことになるの?
まあ、おいおい調べてみよう(笑)




FP技能検定の試験問題流出の続き

件の試験問題漏洩事故について、主催者側の対応は
まだ決まっていないようですね。
謝罪を告知しているホームページのコメントも上段の部分は変化はないのですが、
下段のコメントが少しずつ変化していることが、失笑を誘います。
最初は当協会ではコメントできるものは何もないといった趣旨の文章で
若干上から目線の内容だったのですが、
今の下段コメントは
※2013年2月1日午後7時現在、試験の取扱い方法については決定しておりません。
  多大なご迷惑とご心配をおかけして大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
といった表記に更新されています。

2月2日には1級の実技試験が開催される地域もあるのですが
今回の漏洩事故とは直接関係ないにしても、少なからず受験者にとっては
万全な心持での受験とはならなさそうです。

どちらにしても、早期に今回の実施試験に関しての対応方針を開示する
必要があるかと思われますが、方針よりも、いつ対応情報が開示されるのかが、
他人事ながら心配になってきました。

そうそう、検定事業の収支決算書も見てみましたが検定事業集入約26億円
すごいですねーいろいろな利権もありそうですが(笑)

工事担任者試験のweb申込受付開始

平成25年度第一回の工事担任者試験の
受験受付が今日(2月1日)から開始されました。
0時すぎにはもう受付画面になっていましたね。
この試験の受験費用は銀行・郵便局・コンビニ入金の三択なので
いつもコンビニでスマートピットを利用して入金していますが
クレジットカード入金できるようにして欲しい。
##まあ郵便局・銀行入金するよりコンビニは入金は楽ですが・・・・

一応DD1種の受験を検討していますが、受験時間が重複しなければ
併願が可能です。
まあ、併願するぐらいなら通常、最上位の「総合種」を受ける人が
多いと思いますが・・・・
ちなみにDD1種の試験時間は一番最後の15時15分の集合時間。
地味に遅い開始時間なので、当日最後の追い込みには最適か(笑)
しかし、受験者数の極端に少ない、何のために設定されているか
その存在意義の微妙な「DD2種」もかなり食指が働きます(爆)
数日悩んで、週末はweb申込と入金まで完了させたいと思います。
プロフィール

ぱぱはし

Author:ぱぱはし

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。