スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ受験できていないいくつかの資格その一

まだ受験できていないいくつかの資格その一
受験したいのですが、タイミングが取れない試験たち

SEA/J情報セキュリティ技術認定基礎コース
この試験は基本的に研修を受講した受講生の
成果把握のための試験ですね。
基本的なテキストは研修を受講することにより
交付されていますが、部外(受講者以外)には入手が難しそう。
ただし試験の概要などを調べるとIPAの情報セキュリティマップに
準じて設定しているみたいなのでスキルマップでも
対策はできるような期がしているのですけど

ちなみに現在また大塚商会で本研修の体験スクールが
9月29日に東京で開催される模様。
このとき講習会で使用するテキストが
一時貸与されるみたいなんですよね・・・・
無料講習会なので受講したいけど、会場が東京ではちょっとムリ。
でもまた明日から東京出張ですけど(笑)

まあ受験して落ちたときの受験料がちょっとお高めなのも
問題だったりしますけど。
スポンサーサイト

大塚商会のSEA/J基礎コース体験セミナー

情報が中々少ないSEA/Jの情報セキュリティ技術認定基礎コースの
セミナーが大塚商会主催で体験スクールとして開催されるようです。
##一応2月15日から受付開始の模様
参加費は無料で、参加者多数の場合は抽選、事前登録制。
開催日は3月19日(火)で東京の大塚商会の水道橋スクールで開催
時間は2時間の体験コースですが、実際に使用しているテキストも
見ることが出来る模様。
##テキストは貸与で回収されるみたいですが(笑)
うーむ、交通費(飛行機)をかけてでもいくか?
ちょっと(いや大分・・・)悩んでしまいました。
まあ平日であることも問題なんですが(爆)

SEA/J情報セキュリティ技術認定試験について

最近検索でSEA/J関連のキーワードでこられる方がいらっしゃるのですが
全然情報なくてすみません・・・・
しかも唯一記載している情報も内容間違えていました。

試験方式:CBT
問題数:80問
合格基準:正答率70%
試験時間:60分
でした。
申し訳ありません
##今となっては何の情報で記載したかも覚えておりません。

嘘かほんとかわかりませんが、受験者のセクションごとの正答率から
算定してみた各セクションの出題数をまとめてみました。
##試験にはなにも役に立ちませんが(笑)

5問 情報セキュリティーマネージメント
6問 インフラセキュリティー
5問 ファイアーウォール
5問 アプリケーションセキュリティー
6問 認証
5問 不正プログラム
4問 電子署名
3問 セキュリティープロトコル
7問 セキュリティー運用
7問 不正アクセス
5問 侵入検知
6問 OSセキュリティー
3問 プログラミング
3問 暗号
4問 PKI
6問 法令・規格

IPAの情報セキュリティスキルマップに準じた
カリキュラムだと想定されるので
http://www.ipa.go.jp/security/fy15/reports/skillmap/documents/skillmap_2003.pdf
の資料からキーワードを読み取るのと、出題量を測ろうと思ったのですが
やはり範囲が広すぎで手がつけられません(笑)
まあ先人が合格者はCompTIA Securty+ぐらいの難易度とのコメントもあったので
Securty+の復習レベルでいけるかとも思っているのですが・・・

大塚商会で基礎コースレベルの同等問題がwebで公開されているのですが
これだとちょっと簡単すぎるような気がするんですよね
http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/edu/movies/seaj_skillcheck/

もしかしたら発作的に地雷覚悟でエントリーするかも知れませんが
暖かい心で見守っていてください(笑)

SEA/J情報セキュリティ技術認定 基礎コースCSBM

受験準備中の科目の備忘録です。

SEA/J情報セキュリティ技術認定 基礎コース[SJ0-110]

試験実施:プロメトリック CBT
受験料:15750円
問題数:85 80問
合格ライン:80 70%
試験時間:65 60min
2013/1/15訂正 申し訳ありません。

受験の基本はSEA/Jの認定校が開催するカリキュラムを受講した人向けの試験
受講料は概ね10万円ほど2日間コースを受講。最終日に試験のパターン
もちろん試験だけの実施も可能
試験は日本発のセキュリティに関した試験。IPAの設定する16分野の情報スキルマップに
準拠した試験内容となっている(はず)

同系統の試験に
CompTIA Securty+
情報処理技術者/情報セキュリティスペシャリスト
や同団体の上位資格に
応用コース・テクニカル編
応用コース・マネジメント編
の2つがある
MicrosoftのMCAにもセキュリティ関連はあるがセキュリティを全般的に
判定できる一般的な試験は上の4試験か

試験対策は認定校のコース受講とそこで使用するテキストしかない
IPAの情報分野のスキルマップに準拠した各種書籍があるので、おそらく
それで対応が可能と想定
現在試験対策に用意している書籍は
秀和システム 情報セキュリティプロフェッショナル総合教科書 3800+TAX
ITEC 高度専門セキュリティ技術(第二版) 3700+TAX
IDGムックシリーズ 「現場から学ぶシリーズ」第5弾ネットワークセキュリティ超実践 1580
上の2冊は実際にはSEA/Jの応用コースにも対応できると考え購入

試験の難易度もCompTIA Securty+より下と想定していますが試験に関する
公式テキストが入手できないでCompTIA Securty+を取得後の準備開始を実施
あとは日本独自の情報セキュリティにかかわる法令関連の分野勉強をする予定

プロフィール

ぱぱはし

Author:ぱぱはし

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。